ヒリゾ浜 混雑状況・予想2019年7月8月9月平日休日混雑カレンダー

ヒリゾ浜 混雑状況・予想 2019年 7月 8月 9月 平日 休日 混雑カレンダー

 

みなさんこんにちは♪

年々ヒリゾ浜のメディア露出度が高くなって人気はうなぎのぼりですね!

シーズン中はヒリゾ浜の混雑状況がヤバすぎて、行ったのに駐車場に入れず、ヒリゾ浜には船で行けなかったなんて話を多く耳にします…(汗)

私は昨年、2泊3日で伊豆には行ったのですが、なんとはじめて台風の影響で、ヒリゾ浜に行けませんでした(涙)

でも、そのおかげで「九十浜」「爪木崎」という台風の影響を受けにくい浜をシュノーケル体験できたので良しとしました(笑)

※↓ご参考まで♪

⇒『伊豆 爪木崎海水浴場』の記事&シュノーケリング動画です。

⇒『伊豆 九十浜(くじゅっぱま)海水浴場』の記事&シュノーケリング動画です。

 

さあ!今年2019年、私は、いつも通り混雑を避ける&水温の高い9月初旬(平日&休日、2泊3日)に行く予定です☆

今回は台風の影響などに当たらないように願うばかりです!

 

…さて!はじめてヒリゾ浜に行くあなた!…例年ヒリゾ浜に行ってるあなたも……

やはり気になるのは『2019年ヒリゾ浜の7月8月9月の混雑状況・予想』ですよね!

 

…それでは早速ですが恒例の(笑)

昨年同様、ヒリゾ浜 混雑状況・予想2019年7月8月9月平日休日混雑カレンダーを見ていきましょう!

A~Hのアルファベットが混雑予想です。

「ガラガラ」

「かなり空いている」

「空いている」

「まぁ混雑 (※ヒリゾ浜の混雑状況に慣れていると普通)」

「やや混雑 (※ヒリゾ浜の混雑状況に慣れていないと辛い)」

「混雑 (※ヒリゾ浜の混雑状況に慣れていないとかなり辛い)」

「非常に混雑 (※中木駐車場の満車制限に注意)」

「激しく混雑 (※中木駐車場の満車制限に注意)」

 

ヒリゾ浜 混雑状況・予想 2019年7月 平日 休日 混雑カレンダー

 

 

ヒリゾ浜 混雑状況・予想 2019年8月 平日 休日 混雑カレンダー

 

 

ヒリゾ浜 混雑状況・予想 2019年9月 平日 休日 混雑カレンダー

A~Hのアルファベットが混雑予想です。

「ガラガラ」

「かなり空いている」

「空いている」

「まぁ混雑 (※ヒリゾ浜の混雑状況に慣れていると普通)」

「やや混雑 (※ヒリゾ浜の混雑状況に慣れていないと辛い)」

「混雑 (※ヒリゾ浜の混雑状況に慣れていないとかなり辛い)」

「非常に混雑 (※中木駐車場の満車制限に注意)」

「激しく混雑 (※中木駐車場の満車制限に注意)」

※出典:http://nakagi.jp/2017/10/15/qa/#Q(中木へ行こうよ。より)

 

※ヒリゾ浜が特に混雑する時間帯は、例年通り『午前中から13時くらい』の間ですので、もし早朝に行ったにもかかわらず、中木の駐車場に入れなくても、『14時くらいに再チェレンジ』してみてください!意外と帰る車が多くて駐車場に入れ、ヒリゾ浜に渡れる可能性が高いです☆

 

※ちなみにヒリゾ浜への船渡しは朝8時頃から16時30分です。4~5分おきに船は中木駐車場からヒリゾ浜へピストンしていますので14時再チャレンジ成功でも十分楽しめます。

 

ヒリゾ浜は、雑誌やテレビ、他媒体で紹介されて、毎年どんどん有名になっていくので混雑状況も厳しくなっていくばかり…(汗)やはり2019年も8月の混雑状況・予想がヤバイですね(汗)

お仕事や学校の休みの都合上、どうしても8月にヒリゾ浜に行く計画の方マジで気合入れて行ってください。

それこそ「前日から寝ない計画」くらい気合を入れないとヒリゾ浜に渡る事は出来ないかもです…(汗)

※私も数年前、ほぼ寝ないで東京からヒリゾ浜に車で向かった経験があります(笑)

それくらいヒリゾ浜は人気で、特に8月は例年「超混雑」な状況です!

お盆の火祭り、8月13日14日は特に混雑がヤバイです……中木にある民宿の宿泊者の車が優先されますので、中木駐車場は例年朝から満車になってしまいます。ですので策としては…夜中に駐車場に入ってしまえば……空いている可能性もあります。

 

それでは!8月にヒリゾ浜に行こう!計画を立てているあなた!

気合入れてヒリゾ浜を楽しんでください♪

※できたら9月初旬がおすすですけどね(笑)水温も高くて快適にシュノーケリングなど出来ます。もちろん混雑状況もそれほどではありませんし♪

まあ、どんなに寝てなくても疲れ気味でも、いざヒリゾ浜に着いて、あのキレイな海でお魚ちゃんたちと戯れれば元気いっぱいになりますけどね!…私は例年そんな感じです(笑)

 

~PS~
地元の方々が一生懸命ヒリゾ浜を守ってくれているから、私たち観光者はヒリゾ浜を楽しめます。トガイ浜はもちろんですがヒリゾ浜でも良いマナーを心掛けて、キレイで最高なヒリゾ浜をみんなで守りながら楽しみましょう♪ゴミは持ち帰る!生き物は持ち帰らない!これ、鉄則です(`・ω・´)ゞ☆

 

⇒ この持ち物があるのとないとではヒリゾ浜の楽しさが超変わってしまう!私がヒリゾ浜に持って行った『3つの必須アイテム』実体験レビュー

 

⇒ ヒリゾ浜での日焼けをナメてるとヤバい!…お風呂・温泉に入れない!?対策必須!ピリピリ体験談

 

ヒリゾ浜 混雑状況・予想2019年7月8月9月平日休日混雑カレンダーのご紹介でした(`・ω・´)ゞ☆

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

%e3%83%92%e3%83%aa%e3%82%be%e6%b5%9c%e3%81%ab%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e8%a1%8c%e3%81%8f%e3%81%b9%e3%81%8d%e3%80%8c3%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e7%89%a9%e3%80%8d%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87

%e3%83%92%e3%83%aa%e3%82%be%e6%b5%9c%e3%81%ab%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e8%a1%8c%e3%81%8f%e3%81%b9%e3%81%8d%e3%80%8c3%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e7%89%a9%e3%80%8d%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このアイテムがあるのとないのとでは楽しさ大違い!伊豆ヒリゾ浜に行くなら絶対持って行くべき実体験をもとにしたおすすめ必須アイテム【トップ3】

1位【シュノーケル】これがないとはじまりません!

私がヒリゾ浜で初シュノーケリングに使ったシュノーケルセットです。

塩ビ(ゴム)やエラストマーではなく『シリコン素材』で出来ているので、
フィット感・肌に優しい・臭いがしない・耐久力など…
ゴム素材より優れたところがいっぱいです♪

直接肌につけるものなので安心快適なものがいいですよね♪

【口コミ体験談】
私がシュノーケリング初体験で使ってみたセットですので、初心者の人も安心して使えると思います♪ヒリゾ浜で初シュノーケリングが体験出来て本当に幸せでした!これからは毎年数回行く予定です(笑)

2位【ワンタッチテント】日影がほぼないヒリゾ浜での日差しよけ

日影がほぼないヒリゾ浜ではテントが必須です!


また場所取りにも役に立ち、テント内なので荷物を置いておいても安心です♪

またワンタッチテントなのでたたみ方も簡単で帰り支度も楽々☆

【口コミ体験談】
このワンタッチテントは私がヒリゾ浜に実際に持って行って使用したテントです☆
このテントがなかったらゆっくり出来なかったかも……是非、レビューを参考にしてみてください♪

3位【飲む日焼け止めサプリ】ピリピリチクチク日焼けの痛みであなたのヒリゾ浜ライフが台無しにならないように

せっかくヒリゾ浜で楽しんだ後に、

日焼けの痛みがひどすぎて温泉(お風呂)に入れない…楽しい夕食時(お酒)、日焼けがピリピリチクチク痛くて楽しみきれない…

そうならない為にも、日焼け対策は必須です!

【口コミ体験談】
私がヒリゾ浜での日焼けでどんな目に遭って飲む日焼け止めサプリを試してどんなに楽になったか…是非、ヒリゾ浜での『体験談・レビュー』を見てみてください。

      2019/09/22

 - ヒリゾ浜 混雑