ヒリゾ浜 駐車場は何時から行けば入れる?混雑満車情報 時間や住所、車中泊…夜中狙い…

ヒリゾ浜 駐車場は何時から行けば入れる?混雑満車情報 時間や住所、車中泊…夜中狙い… 

 

ヒリゾ浜に行きたい!行こう!と決めてまずネットなどで調べて一番心配になるのが『駐車場』に入れない…

 

みなさんヒリゾ浜に行くには車の人が多いと思いますが、シーズン(8月)ですと本当にヒリゾ浜に渡る船渡しの場所(中木)の駐車場は満車で入れなくなります。

ヒリゾ浜 駐車場 満車

 

 

そもそもヒリゾ浜に行くために車を停める駐車場ってどうやって行くの?とお思いでしょうが安心してください!中木(ヒリゾ)浜駐車場住所も画像内に載っています。スマホのカーナビでも「ヒリゾ浜」で設定すればちゃんとナビしてくれるので目的地までは簡単に行けますので大丈夫です。

ヒリゾ浜 駐車場 地図2

※出典http://www.nakagi.jp/kankou/access.htm

 

 

ちなみに、ヒリゾ浜(中木駐車場)手前でナビが「目的地到着です…」となってしまったらとにかく真っ直ぐ進みましょう(笑)道は一本しかありませんのでご安心を(笑)そして下記看板が出てきますので下記画像「→」の方へ曲がってください。そのまま道なりで駐車場に到着します。

中木(ヒリゾ浜 駐車場)への入り口

シーズン中はこの入口付近に整理の人がいて【満車です】などと教えてくれます。

 

 

中木全体の写真画像です。駐車場はそんなに広くないのですぐ満車になります。

ヒリゾ浜 駐車場 地図1
※出典http://www.nakagi.jp/kankou/n_chizu.jpg

 

朝5時でも満車という異常な状況ですので、ヒリゾ浜に向かって出発する時間は必然的に夜中になります…(汗)

 

ヒリゾ浜に行くには、船渡し場があって1500円の船渡し料金を払って船に乗らないと浜には行けません。

(※2019年より料金改定で、大人2000円・子ども1000円)

この船渡し場の付近に駐車場があるんです。

シーズン中(8月~9月初旬)の駐車場料金は1000円です。
(※7月のシーズンオフは無料でした。)

 

ちなみに渡船料金は1500円。ヒリゾ浜から船渡し場まで1日何往復しても1500円しかかかりません。
(※船渡し場からヒリゾ浜までは5分もかかりません。1日何往復も船が動きます。)

(※2019年より料金改定で、大人2000円・子ども1000円)

乗船券

ヒリゾ浜船乗船券

(※2019年より料金改定で、大人2000円・子ども1000円)

 

船はこんな感じです。
(※何種類かありますが基本、漁船です(笑)。)

ヒリゾ浜 ヒリゾ渡し 船

 

このヒリゾ浜への渡し船に乗る為にまずは「駐車場」に車を停められないとアウトな訳です(汗)

中木の民宿に宿泊されている人は何泊してても駐車場料金は「1000円」、日帰りの人は1日1000円です。
宿泊客がいれば必然的に駐車場も優先的に確保されてしまいますので、更に駐車場に入るのが厳しくなります…

 

そこで……

 

これはもう何が何でもヒリゾ浜に行きたい人へのおすすめ作戦ですが…

 

もう夜中に駐車場狙って入っちゃってください!
ただ!夜中に行ったからって絶対駐車場に入れる保証はありません…(汗)
確率的に早朝とかよりは空いてる可能性が高いという事です。

 

ちなみに『車中泊は禁止』ですが、前日からの入庫車(駐車)はOKで、AM3時30分以前から駐車する場合の料金は「2000円」です。

%e3%83%92%e3%83%aa%e3%82%be%e6%b5%9c-%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4-%e8%bb%8a%e4%b8%ad%e6%b3%8a%e7%a6%81%e6%ad%a2

%e3%83%92%e3%83%aa%e3%82%be%e6%b5%9c%e9%a7%90%e8%bb%8a%e5%a0%b4%e6%96%99%e9%87%91

 

まぁ、これくらい気合を入れていかないと、シーズン中のヒリゾ浜に行くのは厳しいという事なんです(汗)

 

私は7月や9月のシーズンオフをおすすめいたします。

駐車場もAM9:00くらいでもこんなにガラガラですし浜も全然混みあいません♪

※7月中旬シーズンオフ日

ヒリゾ浜混雑してなく空いてる駐車場

7月空いてるヒリゾ浜

ゆっくりシュノーケリングなど楽しめます☆

それでは皆さんも良いヒリゾ浜ライフが出来るようにがんばってください!

 

⇒この持ち物があるのとないとではヒリゾ浜の楽しさが超変わってしまう!私がヒリゾ浜に持って行った『3つの必須アイテム』実体験レビュー

 

ヒリゾ浜 駐車場は何時から行けば入れる?混雑満車情報 時間や住所、車中泊…夜中狙い… のご紹介でした☆

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます:

%e3%83%92%e3%83%aa%e3%82%be%e6%b5%9c%e3%81%ab%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e8%a1%8c%e3%81%8f%e3%81%b9%e3%81%8d%e3%80%8c3%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e7%89%a9%e3%80%8d%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87

%e3%83%92%e3%83%aa%e3%82%be%e6%b5%9c%e3%81%ab%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e8%a1%8c%e3%81%8f%e3%81%b9%e3%81%8d%e3%80%8c3%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e7%89%a9%e3%80%8d%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このアイテムがあるのとないのとでは楽しさ大違い!伊豆ヒリゾ浜に行くなら絶対持って行くべき実体験をもとにしたおすすめ必須アイテム【トップ3】

1位【シュノーケル】これがないとはじまりません!

私がヒリゾ浜で初シュノーケリングに使ったシュノーケルセットです。

塩ビ(ゴム)やエラストマーではなく『シリコン素材』で出来ているので、
フィット感・肌に優しい・臭いがしない・耐久力など…
ゴム素材より優れたところがいっぱいです♪

直接肌につけるものなので安心快適なものがいいですよね♪

【口コミ体験談】
私がシュノーケリング初体験で使ってみたセットですので、初心者の人も安心して使えると思います♪ヒリゾ浜で初シュノーケリングが体験出来て本当に幸せでした!これからは毎年数回行く予定です(笑)

2位【ワンタッチテント】日影がほぼないヒリゾ浜での日差しよけ

日影がほぼないヒリゾ浜ではテントが必須です!


また場所取りにも役に立ち、テント内なので荷物を置いておいても安心です♪

またワンタッチテントなのでたたみ方も簡単で帰り支度も楽々☆

【口コミ体験談】
このワンタッチテントは私がヒリゾ浜に実際に持って行って使用したテントです☆
このテントがなかったらゆっくり出来なかったかも……是非、レビューを参考にしてみてください♪

3位【飲む日焼け止めサプリ】ピリピリチクチク日焼けの痛みであなたのヒリゾ浜ライフが台無しにならないように

せっかくヒリゾ浜で楽しんだ後に、

日焼けの痛みがひどすぎて温泉(お風呂)に入れない…楽しい夕食時(お酒)、日焼けがピリピリチクチク痛くて楽しみきれない…

そうならない為にも、日焼け対策は必須です!

【口コミ体験談】
私がヒリゾ浜での日焼けでどんな目に遭って飲む日焼け止めサプリを試してどんなに楽になったか…是非、ヒリゾ浜での『体験談・レビュー』を見てみてください。

      2019/07/01

 - ヒリゾ浜 駐車場